スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トホホ矮惑星

冥王星が惑星から「矮惑星」という新カテゴリーに格下げだそうだ。

太陽系の惑星が8個になるか12個になるか、注目の国際天文学連合総会だったが、冥王星をはずして8個で決着。
水金地火木土天海冥 が 水金地火木土天海 で終わりになるのだ。
これからの小学生は、太陽系の惑星は8個です、と教わるのだ。
木星にリングが見つかったとき以来の衝撃(古い)。

冥王星は軌道の一部が海王星と重なっていて、新しい「惑星」の定義からはずれること、サイズ的にも他の惑星に比べて小さく、冥王星クラスの天体は他にも幾つか見つかっていることが格下げの理由。
じゃあそこいらにゴマンとある小惑星の仲間に放り込まれちゃうのかと思ったら、「矮惑星」という新しい種類を作って、他の惑星候補(カロンとか)と一緒に入れるのだそうで。
カロンもセレスも冥王星の衛星って言われてたのに、今や同列ですよ。
ここにもある社会の縮図って感じですか?

ていうかさー、私、たしか八星占星術で冥王星人なんだよね。
どうしてくれるんですかね、この疎外感。



AUTHOR: みーよ DATE: 08/25/2006 17:33:06 『矮惑星』って言うんですね~。
今朝出勤前のパパと話してたんです。
「なんか格下げとかって言うと冥王星がかわいそうだから、別の名前が付いたらいいのにね。」って。
教えてあげよ~っと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。