スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェアしたいの-旅のお役立ちフランス語-

十数年ぶりのフランス旅行にあたって一番不安だったのは、料理が食べきれないであろうこと。 (笑)

ドイツはひとり1皿注文すればいいが、フランスは前菜-メイン-デザートがお決まりで、しかもフランス人てのは絶対に料理を他人と分け合うことをしない、と聞いていたのだ。
1皿の量が少なければそれでも良い。
だが、全てのボリュームが大きいことはわかっていた。

よくパリへ行く友達に、向こうへ行ったらどうしているのかしつこく聞いてみた。
<結果>
-あらかじめ量を減らして欲しいと言えたら言った方が良いかもしれない。
 (とはいえ彼女も言ったことはないそうだ)
-レストランでなく、カフェやビストロならひとり1皿で大丈夫。
-メインディッシュが食べきれないと思ったら自分はサラダにする(サラダもすごい量だけど)。
 そしてダンナの料理を少しもらったりする、という。

「少しもらったり」できるのか、という疑問については「レストランでなければね」。
要はレストランでなければ何でもアリみたい。
どうしてもミシュランの星がついてるようなレストランで食事をしたければ、覚悟して食べるか、少なめにしてもらうかしなさいということだろう。

今回はそんな高級店に行く予定はなかったが、食べたいと思っていて、かつ、ひとり1つは無理かもと思う料理があったので、私はさらに、「シェアする」ことについて調べていた。
そして発見。
渡辺 格さんという方の著書「臍まがりフランス旅行」に、親切に書いてあったのだ。
「前菜からデザートまで全部シェアしたら不審がられるだろうが、一品ぐらい分けたっておかしくない」
注文する時にこう言うのだそうだ。
"Un (女性名詞の料理だったらUne) seulment <料理名> qu'on va partager. "
ストレートに英語にすると Only one <料理名> which we're going to share.
"...qu'on va partager(コン・ヴァ・パルタジェ)"、これですよ、これ。
これさえ覚えておけば「シェアしたい」と言える!
ありがとう、渡辺さん、立ち読みでごめんなさい。

お店に行く前にちょっと練習した。
そして本番。前菜はひとりひとつずつ注文し、
"......et un baekeoffe traditionell qu'on va partager."
 (どきどき)
"D'accord!"
とウェイトレス嬢は軽く請け合ってくれ、アルザス名物のベッコフ一人前をみごと二人で分けることに成功したのでした~。
わーい。
ちなみに、"seulment"(英語で言えばonly)は発音に自信がなかったので、誤解を招くよりはと省いてしまったけど、大丈夫だった。
外国語が通じると嬉しいね!
ちょっと身振り手振り入れたけどさ。

このあと、意外とおなかに余裕があったのでデザートまで食べちゃったのは失敗。
ヘビーでした。
コーヒーにチョコレートが添えてあったから、それだけでよかったな。



TITLE: ストラスブール・8 URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/61337/2611983#2611983 IP
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。