スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一保堂の麦茶

[関連したBlog]
子供の頃飲んでいた麦茶はおいしかった。
と、今にして思う。
今どきの水出しOKのティーバッグに入った麦茶は便利で安くて、とりたててまずくはないが、昔を思い出すとがっかりしてしまう。
やっぱり煮出さなきゃね、と、敢えてバッグに入っていない麦茶も何種類か買ってみたが、イマイチ。
そうやって何年も過ぎた。

そんな中で見つけた一保堂の麦茶。
天下の一保堂さんの麦茶である。東京のデパートでも今は1年中売っている。
麦茶は煮出すと思っていたが、説明書きに「煮出さないのがコツです」とあった。
一保堂さんの言葉なのですなおに従った。

色が違う。茶色でなく黄金色である。(うっかり2時間放置すると焦げ茶色になるけど)
香りが違う。焦げ臭くない。
感動。
京都の老舗と思うせいもあるだろうが、なんだか芸術的においしかった。
以来、ずっとこれを飲み続けている。
間違いなくおいしい。

ただし。
ああ、実は実家の思い出の麦茶とはやっぱり違うのだ~。
あの夏の香りはどこに。


ちなみにこの麦茶、お値段は400G入り294円。
意外と高くないようだが、さてどうだろう。
よく見かけるドラッグストア価格198円の54パック入り麦茶は540G入りで定価420円(へー)。
定価ベースならさほど変わらないと思いきや、一度に使う量が違った。
ドラッグストアで売ってるやつは1バッグ10Gだが、一保堂のは1回分を量ったら50gあった。
1袋で8回分しかない!
しょっちゅう麦茶を買ってる気はしてたけど、納得だわ。


AUTHOR: みーよ DATE: 07/07/2006 13:25:55 ウチは54パック入り198円の麦茶で、54回(だいたい1パック1リットルだと思うんですが、
1パックで2リットルゥ♪)使います。
子供たちはその薄目の麦茶が好きで、特に娘はジュースより我が家で作る薄麦茶。
本物の麦茶を飲んだら、どんな風に思うのだろう。
知らぬが仏・・・ですかね^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。