スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩好き

トーマス・マン「ゲーテとトルストイ」(岩波文庫)より

『彼(ゲーテ)は権力だとか、「一方が他方に優勢を証明するまで」の戦いに関心を持っています。
こういう人に精神の平和主義が気に入るはずがありません。
「誰とでもうまくやってゆくことは彼を悲しくし」ます。
彼には「怒ることが必要」なのです。・・・・・・・
彼の喧嘩好き、「どなりつけてこらしめ」てやりたいという気持、
いつでも力ずくで反対意見を黙らせ、「そういう連中を社会からたたきだしてやろう」と構えていること・・・・・・』

そういうメンタルの人がいるんだぁ。
そりゃ世の中から争いごとがなくならないわけだよ。


続きを読む

スポンサーサイト

セレナーデの正体

JR恵比寿駅東口から地上に下りる階段の踊り場では、よく楽器の練習をしている人がいる。
ヴァイオリンとかチェロとか、正直そんなにうまくはないが、通行人としては、がんばってねと心の中で軽く応援したくなる。
今年に入って、朝の通勤時にヴァイオリンを弾く女性を見かけるようになった。
譜面台のところに自分の名前を掲出しているが、急いでいるのでなんと書いてあるかはわからない。
名前を売ってプロになろうとしているのだろうか。
しかし、申し訳ないが、私のような素人が聴いてもあぶなっかしい音なんである。
しかも、「愛の挨拶」とかシューベルトの「セレナーデ」なんかやってる。
レパートリーの事情もあろうが、仕事に向かって戦闘体勢になってる通勤客に、甘いプライベートタイム向きの音楽はいかにも選曲ミス。そういうセンスで音楽家としてやっていけるのかと他人事ながら心配。

とか思っていたら。

区議会議員選挙が告示された週明け。
駅前の交差点で早速アピールを続ける立候補者の姿があり、信号待ちの間、聞くともなく聞いていると、彼女は言った。
「実は、私は、2週間前まで、東口階段でヴァイオリンを弾いておりました・・・」
選挙前の売込みだったのね~。
がっくり。下手でも音楽家だと思ったのに。
朝からセレナーデ、音楽家としてはセンスの問題だが、議員であればTPO感覚の問題にもなるだろうなあ。

さっきwebで選挙結果を見た。
ご当選されたようです。


春はおにぎり@YGP

ちょいと買い物があって、お昼に恵比寿ガーデンプレイス(YGP)へ行った。
暑いぐらいのいい天気。ついでにお昼ごはんを食べることにした。

三越の地下で、時間もないしと甚兵衛というおにぎりやさんへ。
初めて買ったんだけど、おにぎりを注文するとその場で握ってくれた。
ちょっとうれしい。
買ったおにぎりを持って1フロア上から外へ出ると、そこは広場。
透明な屋根があるので、並んだベンチは一年中人気が高い。
空いているベンチを見つけて腰かけ、おにぎりのパックをあけて取り出すと、
おおー、あったか~い。
それにふっくらやわらかい。
海苔が巻かれている部分を持ってかぶりつくと、反対側が割れてくる感じ。
お店の奥で「お母さん」が握ってくれてましたからね。
おいしーい。
もちろん、添加物の味なんかしない。

広場の真ん中には、ガラスの噴水みたいなのがおいてあってキラキラしてる。
明るい日差し。
手にはあったかいおにぎり。
幸せな気持ちでのんびり食べていた私だったが、そこにはひとつの陥穽が!

YGPにはいつも風が吹いている。
お弁当を食べる時にはおさえておかなければならないことを、
冬の間ご無沙汰していた私は忘れていたのだ。
焼きたらこおにぎりを食べ終えて、もうひとつのおにぎりを取った瞬間、
一気に軽くなったパックが飛んだ~。
中に残っていたタクアンと人造葉蘭が散り、
三越のレジ袋も飛び、
押さえようとした衝撃で、持っていたおにぎりにトッピングされていたきゃらぶきがバラバラと落ちる・・・

きれいな広場にころがっている透明なパックとレジ袋はかなりみっともない。
早く拾いに行きたいけれど、
まずスカートの上にぶちまけられたきゃらぶきを拾ってからでないと立ち上がれない。
拾ったきゃらぶきは、えーと、ティッシュ、ティッシュ・・・
ぎゃあ、おにぎりが割れるぅ・・・!

みなさん、甚兵衛のおにぎりはおすすめですが、
YGPでお弁当を広げるときは風にご注意。
もしくは、何か飛ばしちゃってもすかさず拾いに行ってくれるか、せめて
「なにやってんの~」と笑ってくれる友達と一緒に行きましょう。



キャプテン!

ご無沙汰している間に年が明け、1月もはや中旬。
昨日のラグビートップリーグ最終節見てた人~・・・いませんね。

社会人ラグビーって退屈であまり見てなかったんだけど、今シーズンはキャラの立ったチーム、選手が増えて、今までになくちゃんと見てました。
プレーオフ進出4チームがどこになるか、はたまた下部リーグに降格するのはどこか、最後の、昨日の試合までほとんど決まっていなかったという、楽しい(?)シーズン。

そのおかげかどうか、最終節全試合をJ SPORTSがライブ放送。
私はケーブルTVで見てました。
神戸製鋼-ヤマハ、NEC-トヨタなど、エキサイティングな試合がいくつかあった中で、イチバンはIBM-セコムでしょう。
負けた方が自動降格という崖っぷち対決。
正確にはセコムは引き分けでも良くて、IBMは勝つしか生き残りの道はないという試合でした。

セコムが先制してIBMがひっくり返し、ロスタイムを除いてあと5分ぐらいのところでセコムが同点に追いつく。
ロスタイムはもともと5分ぐらいあったが、ロスタイムの中でロスタイムが生じ、さらに5分。
同点のまま、レフリーがあと1プレイと宣言。
密集からボールがなかなか出ず、このままかと思ったらIBMがボールを出し、相手陣に攻め込んだところで、セコムが反則。
重い反則ではノーサイドの笛は吹かれないので、そこでIBMは最後のチャンスを得たわけです。
ラグビーはキャプテンシーを大事にするスポーツで、手にしたボールでどんなプレイを選択するかはキャプテンの指示ひとつ。

IBMのキャプテン、高は自らペナルティゴールを狙う決断をしました。

ゴールポストまでは40m以上。角度も端に近く、入る確率は(失礼ながら)そう高くないはず。
泣いても笑ってもこのキックでノーサイドとわかっている。
はずせば自動降格。来シーズンを再び下部リーグで過ごし、昇格を狙わなければならない。J1とJ2みたいなもので、上と下では何もかも違う。
それを自分のキックに全て引き受けたことになります。
自分で決めたんだから、はずしても誰のせいにもできない。

さすがキャプテン。
かっこいいですねえ。

本人としては、それが一番勝つ可能性の高い方法だったのでしょうが、
そりゃもうものすごいプレッシャーのはず。

彼は、見事に入れました。
その瞬間、ノーサイドの笛が鳴り、歓喜にジャンプするIBMの面々と
茫然と立ち尽くすセコムの選手たち。
すごい幕切れでした。

IBMはこれで自動降格は免れたものの、入れ替え戦が待っています。
どことやるのかまだわかりませんが、ここまでがんばったんだから、必ず勝ってね。
そして、明らかに今年のIBMを背負ってきたキャプテン高には個人的にMVPをあげたいです。


前日には大学選手権の決勝もありましたが、こっちは泣きました。
早稲田大学には何の関係もないけれど、ラグビーだけは筋金入りのワセダファンとしては、今年の4年生にはどうしても優勝してほしかった。
吸収合併されて今は無き白沢村に「荒ぶる」を持つ男を誕生させたかったなあ。
未来永劫出ないかもよ。(失礼)




らくだ工房「幸せのタネ」

シモキタで芝居を見てきた。
こうやって、友達が出てくれているから、小劇場の芝居を見に行くこともできるのだ。
星の数ほどある小劇場公演からどれかを選んで行くなんて、私みたいな無精者にはムリである。
らくだ工房という劇団は全く知らなくて、今回初めて。
友人は客演である。

老人ホームの職員宅を舞台にして、
職員夫妻と、夫の妹、妻の兄で売れないマジシャン等がそれぞれ胸に暗いものを持って出たり入ったりする。
タイトルの「幸せのタネ」は種のことでもあり、マジックのタネ(暴露されてはいけない裏側)でもあるのだ。

マジシャンとそのアシスタントの噛み合わない会話とか、狂言回しのような編み物教師のオカマがおかしくて笑っているうちに話は進んで行き、いくつかの事件が起きる。
だが、事件のほとんどは当事者によって語られることがない。
既に起きていて、話題に上る事柄についても、明確な説明はなされない。
会話は行われるが、セリフと印象が食い違っていたりする。
状況から観客には何事かが了解され、いくつかのことは曖昧なまましまい込まれる。

人はたくさんの言葉をかわすが、なかなか本当のことを言わないのかもしれない。
言っているつもりでも、本当に伝えたいことは言葉になっていないのかもしれない。

ホーム職員の妹は耳が聞こえず、言葉を発しないのだが、
引きこもってしまった彼女が時折発するメッセージはよくわかる。
言葉でないものを探して受け取ろうとするから?

パンフレットには、
「人生には思わずありったけの消しゴムを食べてしまいたくなるような出来事が起こるものです。ふとした言葉や仕草の裏には必ず感情の波が揺れているのだと思うのです」
という脚本家の言葉があった。



sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。